糖質制限に本気で取り組む方、糖質が気になる方を、本物の低糖質な糖質制限食品と圧倒的なノウハウでサポートします。

野菜を先に食おうがタンパク質を先に食おうが、糖尿病になっちゃえば摂った糖質の分だけキッチリ血糖値が上がります。

投稿者:あらてつ社長

更新日:21/02/15

昨年のことですが、確かウィルスの研究か感染症の治療を専門にされていた方が、

「今大きな地震が来ればとんでもないことになる」

とTwitterでつぶやかれたのですが、それに対して例のホリエモンが

「(不安を)煽るなボケェー」

と引用リツイートしてました。

土曜日、東北地方で震度6強の地震がありました。

幸い、津波は起こりませんでしたが、避難所に避難した方もいらっしゃいます。

「煽るなボケェー」

じゃなくて、考えうるあらゆるリスクを想定せんとあかんやろと思う、あらてつです。

現実から目をそむけてファンタジーの世界に浸るのは日本人の国民性なんですかね。

まあ。

そんな話は置いといて。

最近、

「野菜やタンパク質を先に食べると、糖質を摂っても血糖値が上がらないor太りにくい」

なんてのをよく見聞きしますし、この件についてのご質問もよくいただきます。

実際に私が入院した際も、入院中の食事をごはん抜きにして欲しいと言ったら、栄養士さんから、

「野菜を先に食べれば大丈夫です。」

なんて言われましたし。

でもね。

野菜を先に食べれば太らんのかは、試したことがないので分かりませんが、こと血糖値に関しては、境界型の私ですらなんの効果もありません。

野菜を先に食おうがタンパク質を先に食おうが、摂った糖質の分だけキッチリ血糖値が上がります。

これは私だけじゃなく、糖尿病、若しくは境界型糖尿病と診断された方は、ほぼ共通するんじゃないでしょうか。

太らない話も、私なんか野菜は外食したときくらいしか食べませんが、全然太りません。

と言う事は、野菜を食おうが食うまいが、体重減少&増加には、関係ないってことになりますよね。

これを言ってしまうと、世の女性の大半を敵に回すことになりそうなんですけど、女性誌のダイエット特集を読みながら、いろんな流行りのダイエットに取り組む

“趣味ダイエット、特技はリバウンド”

って皆さんや、我慢よりも安直な方法を探すような方は、上記のような瑣末なことは気にするけど、本質を見失ってる方が多いです。

「糖質制限するんだ!」

と決めたら、野菜やらタンパク質を先に食べるとか、食べる順番がどうだとかの前に、ちゃんと糖質を制限することに気を使った方が、100%、いや、1000%痩せます。

その上で、「野菜を先に食べたら痩せるかも?!」と思ったら試してみたらいいのではないでしょうか。

まあ、効果ないでしょうけどね。

以前にリンゴダイエットが流行った時、

「リンゴを食べてさえいれば、食事はこれまで通り摂っても大丈夫!」

と、普段の食事+リンゴ食べてた女性が私も周囲にも沢山いましたが、りんご食った分、太ってました(笑)

フツーに考えたらそんなもんで痩せるわけなかろーと(笑)

血糖値もそうです。

野菜を先に食って血糖値が上がらないなら、合併症になる人なんて世の中から居なくなります。

努力は惜しむので、こんな世迷言に飛びつくんでしょうけど、楽して欲しい結果は得られません。

まずは自分で努力しましょう。

これって、血糖コントロールやダイエットだけじゃなく、あらゆる事に通じると思います、はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。