糖質制限に本気で取り組む方、糖質が気になる方を、本物の低糖質な糖質制限食品と圧倒的なノウハウでサポートします。

豆乳や大豆粉や全粒粉使えば“低糖質”って思ってる人が多すぎ。

投稿者:あらてつ社長

更新日:21/08/31

また交通ボヤキネタなんですけどね。

先日、私の前を走っていた車が、交差点の手前で左ウィンカーを出したんですよ。

あ、左折するんだなと思って、道路幅が少し狭かったもんで回避するのに右へ寄りかけたんですよね。

すると、左ウィンカーを出した車、いきなり右方向に振って来たんですよ。

え、何やコイツ?!と思いながら急ブレーキ踏んだんですが、この車、右に大きく振って左折して行きました。

は?

なんでこの道幅で左折するのに右に振る必要がある?

トラックならまだしも、軽自動車です。

フツーに曲がれるやろと。

ネットで見てると、こんな運転がやたらと増えているとのことで一部話題になってました。

いつからこんな運転が増えたのか?

誰か統計を取って欲しいと思う、あらてつです。

全くもって意味が分かりません…。

さて。

前回まで、“自称糖質制限の専門”の連中が、デタラメな糖質制限情報をバラ撒いてるお話を、エリスリトールを例に上げて書いてみました。

この話以外にも、デタラメな糖質制限がやたらと巷に溢れかえってます。

例えば“低糖質”

ここ数年で一気に増えて来て、スーパーにも普通に“低糖質”と書かれた商品が置いてありますし、ツイッターやインスタグラムで得意げに“低糖質”と謳って上げられてるケーキやらその他食品が上げられています。

ところが。

見てると平気で30g近く、ものによってはそれ以上の糖質量があるにも関わらず“低糖質”と謳っています。

先日もインスタグラムに、“低糖質 葡萄のリースタルト”とアップされていたのですが、まずデコレーションには山盛りの巨峰。

“ブドウ糖”と言うだけあって、ブドウは「めっちゃ血糖が上がる=糖質が多い」です。

この時点で目が点になったのですが、驚異はまだ続きます。

使ってる材料が書いてあったのですが、

「全粒粉・おからパウダー入のタルト生地」、「中はとろ〜り豆乳カスタード」「シュガーペーストで作っておいたバラをトッピング」

だそうです。

それで“低糖質”と。

おいおい。

どうやらこのインスタグラムの方、豆乳やおからパウダーや全粒粉を使えば“低糖質”だと思ってるみたいですね…。

糖質制限どころか低糖質を全く理解してません。

一人で勘違いする分にはいいですが、それをSNSで拡散して騙される人がいるからタチが悪い。

しかも、どれだけの糖質が含まれているのか、計算値すら書いてませんでした。

栄養計算もせずに“低糖質”

それはアカンやん。

原材料見ると平気でコーンスターチやら使ってますから、恐らく100g中の糖質が30gどころの話ではないですよ。

仮に上述の“糖質制限”やら“低糖質”なんて謳って30g以上糖質が入ってる商品だと、

単純計算しても

30g×3mg/dl=90mg/dl

で、空腹時が100mg/dlだとしたら、190mg/dlまで上昇。

血糖値が180mg/dl を超えると、即座に血管の内側が糖によってダメージを受けるので、190mgなんてお話にならない数値です。

こう書くと

「ダイエット目的だったらこんなもんでいい」

なんて行って来る連中がいるのですが、馬鹿言っちゃイケマセン。

「血糖値が上がる=それだけ糖質が含まれている」

という事で、血糖値が上がる程糖質が入っていたら、ダイエットにすらなりません。

クドいですが、糖質が30gも40gも入っていて“低糖質”なんて、デタラメ以外のナニモノでもありません。

先日に引き続き、こんな情報には騙されない様、くれぐれもお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。